タンスの肥に新たなる道を

クリーニング店のハンガーに、お気に入りのセーターをかけっぱなしで保管していたら、肩の部分がハンガーの形に伸びてしまったようなアクシデントに遭遇した事などはありませんでしょうか?大切なものを保管する時には、その製品の素質や性格をよく理解した上で、きちんとケアしながら保管するようなテクニックが必要となってきます。例えば、革財布や革鞄を、長期保管する時には、内容物を全て取り出し、表面と内部のクリーニングを行った上で、通気性の良い布などに包んで、風通しの良い場所に保管する事で、型崩れやカビを防止する事ができるようです。ジャケットやお洒落着なども同様に、型崩れ防止の為に、しっかりとホールドの利いたハンガーを使用し、湿気や温度の変化が少ない場所へ保管しましょう。どのような素材もそうですが、長期間、日差しが直接的に当たっていると、劣化を招いてしまう事に繋がりかねませんので、太陽光の日差しが入ってくる空間への保管は要注意です。また、長い間、使用していないようなものは、周囲の親しい人々に譲るような気持ちで、譲渡する事で、別のユーザーの元、新たな活躍をみせてくれる場合もあります。お気に利の衣類や小物が、タンスの肥となる前に、それぞれの、新たな道を模索してあげる事も良いかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です