衝動買いを防ぐ買い物セレクト

縫製の達人たちが生み出した革小物たちの真骨頂が、現代の日本のレザー工房にもありました。世界最高峰の技術力と称される、レザーの芸術品の数々には、ありえないほど庶民的な金額で販売されていましたが、その技術力を安売りしている訳ではなく、多くの人人々に手にして頂きたいという気持ちが込められているようです。

皆さんが、繰り返し衣類やバッグを買い替える理由の1つに、なんとなくというような思い付きで物を購入する時などはありませんか?実際に、現在使用している物に納得がいっていない、満足していないような時に、そのような行動を起こしてしまうのかもしれません。自身の行動を1度分析して見るのが良いかもしれません。もし、皆さんが身に付けているおおよその物品に満足していたら、皆さんは、新しい物を買う時に、どんな点を気にするでしょうか?本当に、自分自身にとって必要であるのか、といったような判断基準をきちんともてるようになるのではないかと考えています。

レザー製品は、特に経年変化を楽しみながら、気長に愛用するような物ばかりなようです。衝動的に買い物を楽しむのではなく、長いお付き合いをするのだという考えの元に、レザー使いを楽しみたいものです。日本が世界に臆することなく、最高峰の縫製技術を誇るMade In Japanのレザー工房では革財布や、革のトートバッグなども置いてあるようです。

Tripaside サメ皮を使った財布!? のTOPへ