サイト作成秘話

サメの革財布との出逢いを今でも覚えています。

「SALEシャークスキンなメンズ 長財布」とうたった広告をみつけたので、ヒゲそりか何かのセールだと思い、その店舗に足を運んでみたところ、サメの皮を加工した、革財布屋さんでありました。

ちょうど、ヒゲそりの買い替え時期であったと思っていたので、なんとなく、「シャークスキン」と「メンズ」の文字に、反応して電動ヒゲそりのSALEであると勘違いしてしまったようです。

サメの革財布のお店に足を踏み入れたは初めてでありましたが、サメの皮が、革財布などの、革製品の加工に利用されている事を始めて知ったキッカケともなりました。

自分自身のヒゲの濃さから、サメの荒々しい鱗が、自分の分身に思えるような感覚の中で、思わず目の前の長財布を手に取ってしまいました。

初めてのサメ革の感覚は、これまでに体感したレザー製品には、なかった強さを感じ、広い海の中を泳ぎ回るサメの力強い生命力のようなものを感じとる事ができました。

店員さんに、差―区スキンの文字に、ヒゲそりのSALEなのかと思い、誤って入店してしまった事を正直に告げると、石器時代など、古代の人々は、サメなどの牙を利用して、ヒゲそりや、生活の道具として利用していたようなお話を聞き、さらに、サメ革に親しみをもってしまいました。

電動ヒゲそりの次にはビッグボーナスがでたのちに、改めて来店してみたいお店であると思いました。

これをきっかけにサメ以外の皮も財布に使われているのでは?と思い自分なりに色々と調べてみた結果想像していたよりもはるかに財布に使われている皮が多かったため、「これは面白い!」と夢中になっていた自分がいました。

そして「せっかくならサイトとしてまとめてみよう」と思い立ったのです。

Tripaside サメ皮を使った財布!? のTOPへ